お米の種類カテゴリの記事一覧

お米の種類

つがるロマンとは?特徴からおすすめを紹介 |青森米

米作りの里・津軽を発症の地とした銘柄で、稲作生産者の情熱とロマンを込めた名付けられた。青森米のエースで、津軽富士「岩本山」を望む津軽中央地帯を中心に、津軽西北、さらに南部平野での気象、土壌条件の良質な適地で作付けしています。美しい青森の式を背景に。全国の人々から愛される銘柄米になるようにとの生産者の願いが込められて誕生したロマンあふれるお米です。

お米の種類

おぼろづきとは?特徴からおすすめを紹介 |北海道お米

薄く雲がかかったような白く澄んだ色合いが特徴で、春の夜に霞んで見える朧月に例えて名付けられたおぼろづき。アミロースの和英愛が少なく、粘り気が強い品種で、試験栽培段階の販売は、「幻のお米」と話題になりました。当初あまり注目をされていませんでしたが、2004年に、札幌テレビ放送にて、「1×8いこうよ!」の食味試験結果にて脚光を浴びはじめました。

お米の種類

ふっくりんことは? 特徴からおすすめを紹介 |北海道お米

一粒が、ふっくりしていることから名前が命名されました。ふっくりんこは北海道の南部で開発されたお米の品種。タンパク含量が低く、ふっくらした食感と冷めても冷めても硬くなりにくく、やわらかくておいしい特製が自慢。ふっくりんことおぼろづきは、北海道の高級ブランド米として希少価値が高いお米になっています。

お米の種類

ゆめぴりかとは?特徴からおすすめを紹介 | 北海道お米

ほど良い粘りと甘み、炊きあがりの美しさという優れた品質から、「日本一おいしい米を」という北海道民の「夢」に、アイヌ語で美しいを意味する「ピリカ」を合わせて命名されました。他府県に負けない、北海道が誇れる最高級のお米を作ろう。開発当初からこうした目的を定めて研究を重ね、誕生したのが「ゆめぴりか」です。1997年に交配を行ってから、10年以上の歳月をかけて研究をすすめ、そのおいしさを追求することで、これまでになかった北海道米として、全国に誇れる品種の開発に成功しました。

お米の種類

ほしのゆめとは? 特徴からおすすめを紹介 | 北海道お米

きらきらと輝く星のイメージがつやのあるおいしい米を連想させ、食べる人や米作りに携わる人の夢がかなうように」という思いが込められて命名される。濃いめの甘さとほどよいかたさのお米で、28粘土の食味ランキングでは特Aを取得しています。飛行機の機内食などにも採用されています。また。全国放送のテレビ番組で取り上げられたことから一躍有名になりました。

お米の種類

きらら397とは?特徴からおすすめを紹介 | 北海道お米

きらきら星のように白く輝き、きらめく様子を表現した「きらら」と上川農業試験場が品種試験に用いた系統番号「397」を組み合わせて名付けられました。それまであまり評判のよくない北海道のお米を一新した。寒い北海道の大地ではうまいお米は栽培出来ないと言われていましたが、開拓当時は稲作が出来るとは誰もが想像できなかったといいます。そんな北海道のお米で、この「きらら397」。きらら397は、有名牛丼チェーン店でも利用され話題になりました。