お米のお供

【2020年度最新版】お米ふぁんがオススメするご飯のお供、“愛知編”5選!

みなさん、こんにちは!お米ふぁんです。今回紹介するのは愛知編。愛知県のご飯は独特の食文化が織り成され、経験すればするほど奥深さが感じられます。ご飯のお供もなかなかの曲者揃いで、ご飯のアクセントにはとても有効的です!

2020.09.27
【2020年度最新版】お米ふぁんがオススメするご飯のお供、“愛知編”5選!

arrow_drop_down 目次

【ご飯のお供 愛知編 5選】

ここでは愛知県で有名なご飯のお供を紹介していきます!

ご飯のお供 愛知編① のり子さん

1つ目にオススメするのは、「のり子さん」。海苔問屋として創業90年を迎える老舗店舗の荒木海苔店が展開するシリーズ商品。平成24年度海苔テイスティング大会では優勝もしている実力も折り紙付き。海苔が主役のふりかけは、小さな子どもから大人まで年齢問わず楽しめる味わいで、手土産やギフトにも最適です。


ご飯のお供 愛知編② 尾張屋 守口漬

2つ目にオススメするのは、「尾張屋 守口漬」。名古屋では知らない人がいないほど馴染み深い漬物が「守口漬」です。守口漬は長い守口大根を使用した特徴ある漬物で、大根はギネスにも登録されているほど。歯ごたえがあり、風味豊かな味わいが魅力です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

尾張屋 守口漬 エコパッケージ
価格:2160円(税込、送料別) (2020/9/22時点)


ご飯のお供 愛知編③ ひつまぶしの里茶漬け

3つ目にオススメするのは、「ひつまぶしの里茶漬け」。三つ葉の風味やワサビも程よく効いて美味なお勧めの一品。お湯やお茶をかけるだけで、滅多に食べられないひつまぶしいつでも簡単に食べれますよ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひつまぶしの里茶漬け
価格:1080円(税込、送料別) (2020/9/22時点)


ご飯のお供 愛知編④ まるや八丁味噌 天日干し浜納豆

4つ目にオススメするのは、「まるや八丁味噌 天日干し浜納豆」。浜名湖畔の古寺の僧が足利第七代将軍義勝公に献上したことに始まり、戦国時代は今川・豊臣・徳川氏に献上され、独自の風味の良さと保存が効く所から、全国にその名が知れ渡りました。この古い伝統を受け継ぎながら、地元民に愛されるオリジナリティ溢れる商品です。アツアツのご飯にかけて食べれば格別です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まるや八丁味噌 天日干し浜納豆
価格:604円(税込、送料別) (2020/9/22時点)


ご飯のお供 愛知編⑤ 三河めひかり甘露煮

5つ目にオススメするのは、「三河めひかり甘露煮」。愛知県は蒲郡、形原漁港から水揚げされたメヒカリを鮮度が落ちないうちに手早くつくだ煮です。優しく口に広がる甘露煮の味は、ご飯をより味わい深くしてくれますよ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【三河つくだ煮(甘露煮)】めひかり甘露煮
価格:900円(税込、送料別) (2020/9/22時点)


いかがでしたか?今回、ご飯のお供 愛知編5選をご紹介させていただきました。皆さまのお気に入りは見つかりましたか?白米と共に、美味しく食べて、健康的な毎日を過ごしましょう。